動物と人に優しく
山口獣医科病院

フィラリア症予防の季節になりました🐶🐈

  [更新日]2020/05/07

皆さん、今年もフィラリア症予防をされていますでしょうか。

一般的なフィラリア症予防薬の場合、一度でも投薬が遅れたり忘れてしまうとフィラリア症になるリスクが高まってしまうのがフィラリア感染の恐ろしさです。確実に予防するためには毎月の投薬日を”守り”最後の投薬月まで”続ける”事を徹底してください。

フィラリア薬は感染を未然に防ぐものではなく、幼虫を駆除する薬です

・フィラリア症予防薬には蚊を寄せ付けないようにする効果はありません
・ほとんどの予防薬は駆除する効果が持続しない為、次の投薬日までの間は愛犬/愛猫の体内でフィラリア幼虫が成長を続けている可能性があります
・予防薬で駆除できるのは、皮下組織や筋肉、脂肪で成長を続ける”感染初期”のフィラリア幼虫だけです

昨年に12月上旬までフィラリア症予防薬を飲みきっていない方はフィラリア検査(2,000円)を行う事をお勧めします。

ペット様が末永く健康で生きていけるよう山口獣医科病院では5月から12月上旬までをフィラリア症予防期間として推奨しています。

推奨する投薬としましては、フィラリア症予防薬とノミマダニ薬駆除薬も含まれている”ネクスガードスペクトラ”になります。オールインワンは楽なのでお勧めですよ!

フィラリア症予防だけでなくペット様で気になる事がありましたら当院まで気軽にご連絡くださいませ。

動物と人にやさしく 山口獣医科病院

関連記事

🐇春の健康診断キャンペーン🐇

🐇春の健康診断キャンペーン🐇

緊急事態宣言が日本39県での解除が正式に決定しましたね。まだ神奈川県は解除されておりませんので依然として油断できない状況…

🦒春の健康診断キャンペーン🦒

🦒春の健康診断キャンペーン🦒

山口獣医科病院では春の健康診断キャンペーンを開催しております! 知ることで、行動することで、防げる病気があります。もちろ…

診療時間

046-261-2669

水曜日以外
午前:9:00〜13:00
午後:16:00〜19:00

水曜日
休診

診療対象動物

犬・猫・ウサギ・フェレット
ハムスター・モルモット・その他

診療科目

内科・外科・皮膚科・脳神経科・循環器科・整形外科・消化器科・泌尿器科・免疫疾患・ワクチン・その他

診療対象動物

犬・猫・ウサギ・フェレット・ハムスター・モルモット・その他

診療科目

内科・外科・皮膚科・脳神経科・循環器科・整形外科・消化器科・泌尿器科・免疫疾患・ワクチン・その他

アクセス

〒242-0028
神奈川県大和市桜森2-22-19

大きな地図で見る

お支払い方法について

現金
(1万円以上の場合のみ)VISA, MasterCardのみ使用可能
クレジットカート種類