動物と人に優しく
山口獣医科病院

📚子猫のひとりごと ぼくのお腹に住んでた虫さん「コクシジウム」📚

  [更新日]2021/08/09

これはとある獣医師のもとに迎えられた保護猫のおはなしです。
————————————————–

ぼくはちゃむ。
ちゃしろのこねこ。
すくすく成長中。

お天道様の下でぽかぽかしてたのもつかの間、
いつの間にか兄弟といっしょに「にんげん」とくらしてた。

新しいおうちに来てからは、兄弟とご飯を取り合うひつようも無い (注:保護活動なさっているお宅からお迎えしました)
おもちゃもぜんぶ、ぼくのもの。
ここはぼくの王国なのだ。

…そうおもっていたのに。

なんだか最近お腹がいたい。
うんちがゆるくなってきた。
大好きだったごはんも食べたくない。
あばらが浮いて、やせてきた。

なんでだろう?

飼い主がいつも通っている、動物病院というところにつれてこられた。
そして、なんだかドロドロとしたお薬を飲ませられた。
お薬はおいしくなかったけど、
それから日を追う毎にお腹が楽になってきた!

ぼくのお腹には「コクシジウム」っていう虫がいたんだって。
コクシジウムは腸の細胞に入り込んで増殖するんだ。
だからお腹が荒れて、うんちがゆるくなったわけだ。

コクシジウムはトイレやケージにくっついて、
何度も僕たちに感染するんだって。
しかも消毒剤が効かなくて、熱湯やスチームしか効かないんだって。
飼い主は毎晩トイレとおもちゃを熱湯に沈めて、ケージを拭いて、ぼくの足とおしりを洗ってる。
ご苦労さんなのだ。

あれからしばらくたって、ぼくのお腹から虫さんはいなくなった。
うんちは固まったし、
ごはんがおいしい!おやつもおいしい!
もぐもぐたべるよ!すくすく育つよ!

あれ。お腹にぷにぷにが溜まってきたよ?

—————————————————

いかがだったでしょうか。笑
我が家の愛猫ちゃむのお話でした。

保護猫ちゃんはとっても可愛い反面、様々な感染症を持っている恐れがあります。特に子猫は抵抗力が弱いため、種々の症状が強く出る傾向があります。

ご家庭に猫ちゃんを迎えられる際には、ぜひ一度、動物病院にご相談くださいね。

獣医師   佐藤

動物とひとにやさしく 山口獣医科病院

—————————————————————————
☆山口受付ツイッター情報☆ 総ツイート数5,284件
診療状況を一時間毎に更新しています。
https://twitter.com/vtyamaguchi ←クリック!!

関連記事

🌺ねこちゃんの譲渡の様子🌺

🌺ねこちゃんの譲渡の様子🌺

こんにちは。山口獣医科病院の管理人です。 先日、当院ブログにて里親さんを募集していたねこちゃん2匹が 無事に里親さんが決…

診療時間

046-261-2669

水曜日以外
午前:9:00〜13:00
午後:16:00〜19:00

水曜日
休診

診療対象動物

犬・猫・ウサギ・フェレット
ハムスター・モルモット・その他

診療科目

内科・外科・皮膚科・脳神経科・循環器科・整形外科・消化器科・泌尿器科・免疫疾患・ワクチン・その他

診療対象動物

犬・猫・ウサギ・フェレット・ハムスター・モルモット・その他

診療科目

内科・外科・皮膚科・脳神経科・循環器科・整形外科・消化器科・泌尿器科・免疫疾患・ワクチン・その他

アクセス

〒242-0028
神奈川県大和市桜森2-22-19

大きな地図で見る

お支払い方法について

現金
(1万円以上の場合のみ)VISA, MasterCardのみ使用可能
クレジットカート種類